【台北リポート】以前から海外で流行しているアパートメントホテル(Service apartment)がこのほど、台北市内湖区に姿を現しました。春天商務会館はその経営モデル全てを台湾に導入し、ビジネスホテルに対する既存概念を覆しました。管理はホテル方式ですが、室内の家具やインテリアはまるで一般住宅のような、全く新しい消費スタイルです。
春天商務会館によると、本当のアパートメントホテルは住宅街に立地するというだけでなく、専門の常駐スタッフによるサービスや、付加価値の高い様々なサービスを無料で提供されなければならないのだといいます。春天商務会館は、駐在中のビジネスパーソンも家庭の温かさや最高級ホテルのサービスを享受できるという斬新な経営モデルを世に送り出しました。同社には海外から多くの問い合わせが寄せられています。
会館は現在、敷金無料の月額制で運営されており、付近の内湖科学園区(内湖サイエンスパーク)や南港軟体園区(南港ソフトウェアパーク)の中間管理職や上層部のエグゼクティブの方が多数入居しています。同社によると、春天商務会館では、宿泊客と長期入居者が互いに尊重し合い、宿泊客にも入居者にも最高の品質を提供できるよう、ホテル自らが全ての顧客に対する審査を行っています。春天商務会館は、この新しい居住スタイルに対する台湾国民の理解を深め、海外からビジネスで訪れる方にも家にいるかのように寛いでもらいたいとの願いから、現在、オープン記念として数多くのサービスプランを打ち出しています。

12F, NO.146, Sec 6, Mincyuan E. Rd., Neihu Dist., Taipei City 114, Taiwan (R.O.C.) Tel:(02)8792-6611, 0988-583-085 Design By SAYHO